費用とサービス内容

電話代行の業者を選択する際に、注意しておくべき点として、適正価格になっているかどうかという点が挙げられます。適正価格は、電話代行の行っているサービス内容によって異なるのですが、安ければよし、ということはありません。利用するサービスによって、料金がかかっても、対応力がある電話代行に依頼する方が安心です。

登録データ料金を見てみましょう。登録データというのは、電話がかかってきたとき、どのような内容まで相手方に盛り込み対応してくれるのかという事です。登録データが少ない場合、どのような要件の顧客についても、折り返し担当者から連絡いたしますという応対になります。

通常、雇用している事務員であれば、ある程度の応対をしてくれるはずです。社員の携帯を知りたいという時でも、登録データが少ないと対応してくれないので、相手の方が不審に思ったり、気分を害されるという事もあるでしょう。四角四面の対応しかできないようでは困るという方は、登録データを多くする必要があります。

この場合、追加料金を払っても登録データを増やしておく方が安心です。料金に関しては、細かく設定されていることも多いので、電話代行の内容をしっかり把握する事も重要なのです。