激安電話代行への注意点

電話代行を利用するに当たり、費用面が気になりますが、注意してほしい事もあります。それは、安すぎる電話代行業者の存在です。電話代行サービスの主軸となるのが、どの位のコール数に対応したかという点があります。1日に20本のコールを受けた場合、20本の対応をしたという事になりますが、電話代行のシステムによっては、オーバーコールという事で、20本以上のコールを受けた場合、1本対応毎に別料金が発生する事があります。

電話代行によってはコースの数に限りなく、無制限で対応できるという所もあるので、どの位のコール数になるか、だいたい把握しておくことで料金がどのくらいかかるのかを予測できます。

基本料金が安いところは別料金としてかかる費用が多くなることも多いので、その点に注意が必要です。いたずら電話や間違い電話についてもコース数に含むというシステムのところもあるので、この場合、契約する際のコール数について少し余裕を持たせておくことも必要です。

激安な電話代行もありますが、電話代行の料金相場を理解し、あまりにも安すぎるところは、別料金の設定が多いかもしれないと予測し、別料金となるシステムについての説明を求める、またそれ以外のところを利用するようにする方がいいでしょう。